<< 大江戸の名残三社祭 | main | 2013年01月10日のつぶやき >>
昭和3年6月水鉄砲で遊ぶ子供達の笑顔 今は無い
昭和3年6月 水鉄砲で遊ぶ子供達の笑顔 今は無い

貧しい生活で有ったが 屈託の無い明るい笑顔が其処には有った
今はどうだろう 学校外蕕料反イ悪ふざけにほころび,さびっいて居て、ぼろぼろ
に成っている 日本国家の行く末を案じている,どの様にすれば良いか 根っこの膿を取り除のぞかないと 日に日に年々に悪行の始末が出てきる事疑わない。根っこの膿とは何ぞや、はい簡単明朗です 現存する外薜儖会そのもの全部捨て去る事が肝心なり、外蕕箸療桂襪涼罎念行の隋まではびこらせ、食いついて離さない外道の巣に成り下がっている。
新しい行政組織を早くつくること、但し今の外蘋度は何一つも組子まさない事が必要であるある、と似なくも日本国憲法の改正が直ちに必要である。急がないと日本国家自体をケトウに食いつぶされていく運命に成る事疑いない事実である。

文化歴史資料館 所蔵品.写真版
| - | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tanosimi.bunka.main.jp/trackback/1104395
トラックバック