守口大根 原産地は守口市 No.2資料として 復刻本四冊

0
    文化歴史資料館.代表。松井 淳 本人手作業による復刻本.原資料は全部所蔵しています中から使っています。中に使用しています付録図勿論所蔵コレクション
    から選びました。
     守口大根は古来から守口市が原産地 其の資料として【1】【2】表示
     1.和漢三才圖會 巻第七十五目録  歴朝沿革一覧.正徳刊
     2.淀川両岸一覧.文久元年刊 五界萬國人物圖會.付録河内細見圖他多数
     3.河内名所図会(6)享和元年刊.河内誌付録大日本道中早引文政十三年刊
    ( 1.)和漢三才圖會
     4.大阪中忠の郷土を語る。発行昭和8年.99頁.(六) 淀川の川舟
                           (大阪から京都一序)
     【l】和漢三才圖會
     この本は江戸時代に始めて地理の主体制として編纂され、此れが基本とに
     なって、その後幾多の地理書が発行されていきました。素晴らしい本で御
     本で御ざいます。此の本の中の文章にきっちりと、守口大根の事が書かれ
     ています。




















     長柄大根とは、今の皆様は長柄とは天神橋北側とお思いでしょうが、
    下長柄と上長柄との地名が江戸時代には有りまして、現在橋名と地名とか存在する所は下長柄であります。上長柄とは今の守口市佐太町から淀川の北側地帯を古い書物とか古地図等では、表示されています事に良くご理解下さい
    ※古地図等で上長柄についてご説明する事に致します※
    長柄とは細長い事をあらわします、例えば槍のもち手の所とか叉細長い守口大根の事も、長柄大根とも古い書物には表示されています
    現在地の長柄橋の所は海でありまして、橋など掛けれる工事工法は存在してなく、古地図とか他の古い書物によれば、守口から吹田に向かって掛けられていた細く長い橋此れを長柄橋といいます、細くて長い守口大根のことを、俗に昔の書き物等では長柄大根と表現している箇所も有りますが、其のことは守口大根で有るとの理解なされても、決して間違いでなく正しいと判断しても差し支え有りません。

     文化歴史資料館 代表 松井 淳





     郷土の歴史本[貴重本]編纂.発行.印刷.松井君本人が手作業で仕上げて
     います、現在迄に約60冊以上の歴史に関する書籍を自己編纂発行印刷等致 しまして、図書館等に御配りしています。
     国会図書館等で検索の上閲覧できます。叉此方に御出で頂ければ、無償で 貸し出し致しますので。
     お気兼ねなくお立ち寄り下さい。※原本閲覧申請していただければ
     当資料館内にて、閲覧可能です。※
     留守がちの為に前もってご連絡の上で御出で下さいませ。
    文化歴史資料館 代表 松井 淳
     守口市東光町2丁目19-1.1階.ママクク(弁当屋さん)上4階です
     電話06−6994−8586 留守の場合携帯に転送します、
     但し。先方の電話番号が表示されないと。(ツナガ)リません



    付録に幻の地形図2枚付き、明治20年刊.多色刷二万分の一(枚方近傍図)
    と(大阪城)大日本帝国参謀本部陸軍部測量局.白黒刷り一万分の一地形図
    昭和6年刊.5枚と懐かしい写真 かき舟の情辧ヂ膾綵振曲佞1枚
    1.應神天皇の地の大隈宮.天神祭.淀の川舟.他...


    この本は、大阪府天王寺師範学校の卒業論文との事をお聴きしましたので
    此の論文をお書きに成られた出在ろう方をお探し、何とか其れらしき方と
    御電話で御話しすることが出来ました。しかしおお年で余り昔のことであり
    詳しいことは聞きだすことが、出来ませんでしたが、確かに現地に行って
    色んな事を地元の方にお聴きしたとの事でした。此の事事態がかれこれ約20年程前になります。懐かしい思い出の一節になっていまする。


    守口大根に関する歴史的な資料は、江戸時代から明治に掛けて色んな資料等に記載されています。
    古地図関係でも、北河内国名物名産として、守口村守口大根糟漬 と表示された資料があります。まとめて其の資料たるものを表示したいと思っています。今現在は岐阜県が守口大根の生産地となっています。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:458 最後に更新した日:2013/09/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM